2012年10月10日

カスーア


みなさま、こんにちは。
10月に入って、一段と秋の空気が深まってきました。
今年は夏が暑かったせいか、最近は肌寒いくらいに感じます。
夏が去って気がついてみたら、2012年ももう終盤とは、、、あっという間に時間は過ぎていきますね。

先日の室内楽のコンサート、たかさん keiさん、あらためましてご丁寧な感想を下さってありがとうございました。アンサンブルでの演奏は楽しい上に、色々と勉強になるので、機会があればどんどん色々な編成の作品を演奏してみたいです。 
しゅーさん、daiさん、名探偵コナイさん、ワーグナーさんも、コメント、どうもありがとうございます!
コントラファゴットでピアノの最低音Aが出ることと、マレット襲来の話は知りませんでした。笑




さて、今日は知り合いのピアニストの演奏会をご案内したいと思います。

「カスーア・ワカツジ Casua Wakatsuji ピアノリサイタル」

カスーアは日系の女性で、現在は日本をメインに活動しているのですが、彼女とは旧知の仲で、今でもちょくちょく会って話をします。
これがなかなか面白い人で、ピアノも個性ある演奏を聴かせてくれます。

今回の演奏会は、国際コンクールでの優勝を記念して開かれるそうです。
リサイタル後半の、ショパンのピアノ協奏曲2番(2台ピアノ版)では、僕がオーケストラパートを弾かせていただきます。

まずはチラシをご覧下さい。(クリックすると拡大されます)




Scan0002.jpg






 ・ ・ ・ 。






皆さま申し訳ありません。くだらない事をしました。
ご覧の通り、實川飛鳥のリサイタルです!
旧知も旧知、ちょくちょくどころか、基本的に毎日顔をあわせています。笑

今回妹が、先月のハノイでの国際コンクールの結果を受けて、三軒茶屋にあるサロンテッセラでリサイタルをさせていただくことになりました。
皆さま、お時間ございましたら、足を運んでいただけたら幸いです。



P.S.
アスジー・カツカワ  ワスージ・アカツカ

も迷いました。どれにしても怪しげなマジシャンみたいですが(笑)
posted by 米 at 11:03| Comment(7) | 告知

2012年09月28日

新体制


おはようございます。

いよいよ季節は秋!

食欲の秋
芸術の秋
そして
新米の秋


最後のはあまり言わない?
良いんです、僕の中では秋の白眉です。笑
半年近くかけて、丹精込めて育てて下さった農家の方々には感謝!



そんなわけで、当ブログも現状に満足することなく、新体制を導入します。(実際はマイナーチェンジ)


その日twitterでつぶやいた文言が、自動的にアップされるように設定を変えてみました。
早速、昨日の分があがっています^^

先日、文が理屈っぽいと友人に言われましたが、140字(ツイッターの文字制限)では理屈っぽくできないので、これで一件落着です(笑)



それでは、皆さま実り多い秋をお過ごしください。








posted by 米 at 08:44| Comment(3) | 告知

2012年09月11日

富士山を横目に


昨日の日本音楽コンクール3次予選、通過とはなりませんでしたが、シューマンのアラベスク・モーツァルトの変奏曲・シューマン交響的練習曲と、久しぶりに自分の中で満足のいく集中力と想像力を保って弾くことができました。弱音も色々な音の出せる素敵なピアノでした。


とはいえ細かなミスであったり、そういう隙はコンクールの場では出来るだけ減らさなければですね。
インパクトをどこに求めるかという点も考える余地がありそうです。
さらなるグレードアップを目指していきたいと思います!



まずは今日の名古屋の宗次ホールでのコンサートです。
今日は、「スイーツタイムコンサート」というタイトルにも関わらず、

バッハ(ケンプ編):オルガンコラールロ短調
シューマン:幻想曲
スクリャービン:幻想曲
シューマン:交響的練習曲

と、激辛なものばかり並べてしまったことをお許しください..(笑)



さて、まもなく名古屋です。
聴きにいらして下さった方々に、一つ一つの作品の魅力を丁寧にお伝えできればと思います。



posted by 米 at 10:22| Comment(11) | 告知