2014年03月26日

デジタルハープシコード


お久しぶりです!
ブログの更新、間隔がかなり空いてしまっております・・

つい最近まで今年の冬は寒いと思っていましたが、あっという間に暖かくなりましたね。
花粉については、「たいしたことないだろう」と、飛び始めの時期に何の根拠もなく思っていた自分を、だいたいいつもこのぐらいの時期に愚かしく恨めしく恥ずかしく思います。笑



さて、タイトルにあるデジタル・ハープシコードですが、今日初めてその存在を知りました。
デジタルピアノのチェンバロ版です。

何度か大学で本物のチェンバロに触ったことがありますが、一番驚いたのは、タッチがかなり実物に近いように感じたことです(チェンバロのプロフェッショナルな方がどう感じるかは分かりませんが)

「む!この独特の引っ掛かる感じは…内部にチェンバロと同じような引っ掻く機構が入っているに違いない!アナログチックだけど…!」

と確信しました。
が、電源を消すとそのタッチは無くなり普通の電子ピアノのような鍵盤に・・・
どういう仕組みなのか・・・
教えてはいただけませんでした(笑)

200px-Clavecin_sautereau_svg.png
ハープシコードの発音機構(Cが@を弾く時に手に抵抗を感じる)




というわけで、今日はローランドさんの会報誌「RET's Press」の取材を受けてきました。
取材自体珍しいのですが、初の表紙+巻頭ということで、写真もたくさん撮っていただきました。(カメラマンの方に見事にノせられてしまいました…笑)
最新デジタルピアノやデジタルハープシコードを長い時間触らせて下さって、ありがとうございました。


3月は、先日長岡で演奏させていただいたり、チェロの金木さんやクラリネットの生方さんとの共演もあり、とても充実して過ごしています。
今週30日は金木さん・生方さん、バイオリンの伝田さんとの室内楽コンサートが埼玉県の名栗の杜でありまして、来週4/5は、神戸市文化ホールにて、大阪交響楽団さんとラフマニノフのピアノコンチェルト第2番第一楽章を共演させていただきます。「フィギュアスケートで使われた音楽」を集めた楽しいコンサートです^^

色々な種類の本番がありますが、ひとつひとつ良い演奏を目指したいと思います。




こちらは我が家の新参者
image-55da1.jpg
posted by 米 at 00:23| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。
23日の室内楽を聴かせていただきました。
ブラームスはあまり聴いたことがなく、全部初めて聴く曲だったのですが、どれも切なく懐かしいような感じでした。
特に、クラリネット三重奏曲では、それぞれの楽器の音が渾然となって響き、とても美しかったです。

お忙しいようですが、がんばってくださいね。

猫さんとてもかわいいですね。^^男の子でしょうか?
Posted by 牛猫 at 2014年03月27日 01:31
牛猫さん
先日の成田ではいらして下さってありがとうございました。
ブラームス、本当に心にしみますよね。3曲とも濃密で大変でしたが、演奏していて幸せでした。

猫はメスです^^ クールな犬と甘えん坊の猫という感じで普通と逆転しています。笑
Posted by 實川 at 2014年03月28日 12:53
EVOLVING JITSUKAWA
實川さん!6月14日リサイタルご成功おめでとうございます。
昨年9月のすみだより格段の成長・進化を遂げた素晴らしい出来上がりでびっくりしてます。まるで別人(笑)のような。失礼!なにより、音色の多色化やフレージングの良さが際立っていました。ワルトシュタイン3楽章は圧巻。構成感のあるベートーベン。往年のケンプやバックハウスを思わせる渋い解釈。シューマンは、抑制のきいた叙情性とファンタジー。プロコはポテンシャルのあるソナタだけに、實川さんの今後の成長と共に、深化していくことを漂わせる演奏でした。前回の私の助言をききうけてくれかのような。
前のめりになりすぎず、自分の音をよくきいていましたね。あたかも、背中にもう一人の實川さんがいて
その方と対話していような余裕さえ感じました。
それにしても、
ワルトシュタインを弾き終えた後の
「ドヤ顔」は見逃しませんでしたよ!
次回が楽しみ。
よければ、7月国分寺でのリサイタルの
チケの問い合わせ先教えてください。
ブラームス聴きたいので・・・。
では、長い文ごめんなさい!!
Posted by ぎ〜いん♪ at 2014年06月15日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: