2013年04月25日

修士リサイタル&鹿島(サザエさん)


先週19日の修士リサイタル、そして21日の鹿島でのジョイントリサイタル、無事終了いたしました!

二日とも肌寒く、特に21日は雨も降る中のコンサートでしたのに、ご来場くださった皆様ありがとうございました!



修士リサイタルは、大学院生の必須科目で、これを開かないと卒業させてもらえません。笑
先輩の渋川ナタリさんと、それぞれ約1時間のプログラムでの演奏会でした。
実は19日のちょうど同じ時間に、学内の奏楽堂でとても人気のあるコンサートが催されていたので、お客様がどれくらい入るか全く分からなかったのですが、予想していたよりもずっとたくさんの方にいらしていただけて、嬉しい驚きでした。

プログラム中では、「フランク:プレリュード、アリアとフィナーレ」が今回初めての披露だったのですが、この作品、聞こえは単純にきれいな所でも、楽譜を開くとまるでバッハの作品のように音が入り組んでいまして、、もうそれはそれは暗譜が厄介でした。。笑 25分という演奏時間もなかなか効きます。

フランクのピアノ曲では、「プレリュード、コラールとフーガ」はしょっちゅう演奏されていますが、こちらは何故か極端に演奏されていません。僕自身はアリアとフィナーレは大好きで、大切にしていきたい作品です。もしまだお聞きになったことが無い方は、コルトーやヴァランタンの演奏が素晴らしいです(^^)


この写真は、終演後に渋川さんと。

2013041920290001.jpg
なぜかピアノの前ではなくベルの前で一枚! 




さて、19日が終わって一段落する間もなく、21日の準備を開始します。


21日は、茨城県鹿島市の勤労文化会館にて、妹とのジョイントリサイタルでした。
鹿島市で色々な活動をされている小沼さんが呼んでくださって、実現しました。
それぞれ40分のソロの他に、2台ピアノでベートーヴェンの交響曲7番の第1楽章など、数曲演奏しました。
いや〜〜〜〜いざやってみて分かったことは、ベートーヴェンの爆発的なオーケストラサウンドをピアノ2台で弾くには、身が持たん!ってぐらいのエネルギーを注がねばならないということです。コンサートの一番初めに持ってきたのですが、聴衆のみなさんより、僕たちがやられたような気がします。笑

そして今回、一曲だけ、連弾の作品をそのまま2台ピアノを使って演奏しました。
お互いに、隣に邪魔者がいなくて弾きやすかったという感想で一致しました(笑)

コンサートは後半に進むにつれて、会場のお客さまとの一体感もどんどん出てきて、弾いていて本当に楽しくなってしまいました。
ホールの響きも音が拡散しないので、ピアノにぴったりなホールだと思います。



小沼さん、そしてスタッフのみなさま、とても充実した時間でした。ありがとうございました!

__.JPG





さ〜て来週のサザエさんは〜!!!








 ・ ・ ・ではなく、来週ですが、30日から4日間、山口県の秋吉台で催される室内楽セミナーに行ってきます。会場は山の中で、携帯が繋がるとか繋がらないとか!
楽しみです。ブラームスのピアノ・クインテットとチェロソナタを準備していきます。



それでは最後に・・・

じゃん けん ぽん ! 

続きを読む
posted by 米 at 23:58| Comment(11) | コンサート

2013年04月14日

ピアチェーレ


皆さん、こんにちは(^^)

前回の更新から1ヶ月以上が経ってしまいました...

この3月・4月、と過去最大量の譜読み量でございました。 最速ペースで見ていったのですが、予定よりも色々と延びていった結果、今ドッとしわ寄せがやって来ています。笑


というわけで、今日の豊田市での本番!
一昨年・去年とこの時期にリサイタルをさせていただいて、恒例になりつつありますが、今年はバイオリンの長尾春花さんとのデュオリサイタルでした。


プログラムは
ヴィターリ:シャコンヌ
ベートーベン:ロマンス2番
ルグラン:風のささやき(ピアノ)
ラヴェル:ラ・ヴァルス(ピアノ)
* * *
パガニーニ:24のカプリスより(バイオリン)
ベートーベン:ピアノとバイオリンのためのソナタ7番 ハ短調
ドヴォルザーク:ユモレスク
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

こんな感じです。

途中にあるルグラン:風のささやきはクラシックではありませんが、サロンのオーナー吉田さん1年越しの希望曲で、大幅にアレンジを加えつつ演奏いたしました。

さて、長尾さんとのちゃんとしたデュオでのコンサートは初めてでした。(前回は本当に少し)

盛りだくさんのプログラムでしたが、本当に刺激的な時間でした。
改めて感じましたが、自分だけでは思いつかないアイディアがたくさん出てくる、ソロとは違う世界に行けるというのがデュオの一番の醍醐味です。


朝6:30に電車に乗り、サロンに11時に到着、リハーサルをして、14時から本番。17時半にサロン出発→22時半に家到着、というなかなかの弾丸スケジュールでしたが(笑)、楽しい演奏会でした。
お世話になったスタッフの皆様、聴きにいらしてくださった皆様、ありがとうございました!

Foto.jpg
演奏が終わってほっとしたのか、いくぶん冴えないJ川氏

さて、今週の2つの本番もよく準備して乗りきりたいと思います。


posted by 米 at 23:56| Comment(7) | コンサート